読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kimilab journal

Literacy, Culture and contemporary learning

わたしの言葉/わたしたちの言葉――横浜国立大学附属中学校研究発表会

 先日開催された「平成27年度 横浜国立大学教育人間科学部附属横浜中学校研究発表会」に参加してまいりました。

私が参加したのは、2日目(20日(日))に行われた国語科の研究発表。

国語科では「『ことば』への認識を協働的に育む指導と評価」というテーマで、中学1年生の生徒たちが、1年間かけてとりくんできた「言葉ノート」を題材にした、「書くこと」の授業が行われました。

 

f:id:kimisteva:20160222181208j:plain

(画像は、「研究発表会2次案内」(PDF)より抜粋)

 

授業は体育館で行われたのですが、体育館内には、附属横浜中学校の生徒たちが取り組んでいる「言葉ノート」の実物なども展示されており、この授業がどのような文脈の中で行われるものなのか、を知ることができます。

 

こちらが、「言葉ノート」*1

A6サイズのコクヨ・Campusノートが使われていました。

表紙には、生徒たちが思い思いに書いたタイトルも。この生徒はおそらく、「この『言葉ノート』の活動を通じて、自分を変えていくぜ!」と気合いを入れて、「言葉ノート」の活動に取り組みはじめたのでしょうか・・・?

『必殺!!変身ノート』という、かなり気合いの入ったタイトルになっています。「必殺」したい対象が何なのかについては、詳しくお伺いしたいところです*2

f:id:kimisteva:20160220110241j:plain

 

この生徒は、かなり気合いの入った感じになっていますが、もちろん、そんな生徒ばかりではありません。『コトバ散歩道』『一連花生』など、エッセイ集のようなタイトルもあれば、『自分だけの広辞苑のように、辞書・事典を意識したタイトルもあります。それぞれの生徒による『言葉ノート』の意味づけによって、タイトルの付け方が様々あります。

 

生徒たちは、それぞれのタイトルに従って、あるいは、途中から方針を変えたりしながら、1年間、日常生活や学校生活で出会ったときに自分のなかの琴線に触れたさまざな言葉を、『言葉ノート』に書きためてきたようです。

 

こちらは、ツイッターで流れてきたという、いわゆる癒し系の言葉。いわゆる「ポエム」と言ってもいいかもしれません。

SNSを通じて流れてくる「ポエム」的なものに共感してしまうあたり、現代の子ども・若者っぽさをなんとなく感じてしまうわたしです。

f:id:kimisteva:20160220113854j:plain

 

一方、そういう、「現代の子ども・若者っぽさ」を、乗り越えてくる言葉があるのも面白いです。

こちらは、どこかの町にあるらしい「手羽先二郎」というお店の名前。

 f:id:kimisteva:20160220113824j:plain 

店の名前に注目しているのも面白いですが、なによりこれが面白いのは、「この言葉の意味は書いている私自身よくわからないのですが、」と言っているところですよね。

一般的には、「わかる」ものこそ「面白い」とされたり、高い評価を与えられたりするものですが、この生徒は、「わからない」けど「面白い」ものに気づいている。

なんだかよく「わからない」けれど、それでも、考える価値があるもの、『言葉ノート』に書いておく価値があるものがある、ということに気づいただけでも、大発見だと思います。

 

そして、(おそらく)『言葉ノート』を書きつづけるどこかのタイミングで、「このノートを、これからも続けよう」と思い立ち、はじめに名付けた『はじまり』というタイトルの下に、「No.1」と書き加える生徒もいたようです。

f:id:kimisteva:20160220104049j:plain

 

こうやって、学校という文脈のなかで、教師から与えられたツールが、学習者自身の文脈の中に位置づけられていき、学習者のなかで意味をもっていくことって、ステキなことだなぁ、と思います。

 

今回は、この『言葉ノート』をもとにそこから、①「自分だったらこの言葉を残したい!」と思うものを選ぶとともに、②友達から「あなたらしい言葉」を選んでもらい、それを受けて、A4版×2枚(あるいはA3×1枚)に「言葉のノート抄」をまとめる・・・という活動が行われました。

 

*1:写真撮影の能力が低くて申し訳ありません。

*2:写真に記されている個人名は削除しています。以下の写真も同様です。

続きを読む

愛とは分け隔てること――趣向『The Game of Poliamory Life』

 KAAT(神奈川芸術劇場)で行われた、趣向『THE GAME OF POLIAMORY LIFE』を見てきました。www.kaat.jp

The Game of Polyamory Life

f:id:kimisteva:20160123173554j:plain

「ポリアモリー(Poliamory)」とは、合意のうえで、複数の人々と誠実な愛の関係をもつ恋愛スタイルのこと。・・・いや、恋愛スタイルというよりも、より広くライフスタイルそのものであるといったほうが正確かもしれません。

ポリアモリー 複数の愛を生きる (平凡社新書)』の著者である、深海菊絵さんは、『日刊ゲンダイDIGITAL』のインタビュー記事のなかで、次のように説明しています。

 

「ポリアモリーとは、最もシンプルに言えば、『複数のパートナーと誠実に愛の関係を築くスタイル』です。ただし定義は人それぞれ。『合意の上で複数の人と性愛関係を築く』という人や、『結婚制度にとらわれず自分が愛する人の人数を決める』という人もいます」

 

「恋人や伴侶に嘘をついたり、隠すのはポリアモリーではありません。自分の交際状況をオープンにし、合意の上で築く人間関係です。『2人の彼女を誠実に愛 しているが、その状況を彼女たちに伝えていない』男性がいたら、それはポリアモリーではなく『彼なりに誠実な二股』です」

「複数の愛を生きる」深海菊絵氏 | 日刊ゲンダイDIGITAL)

 

おそらく、ここでポイントになるのは「合意」でしょう。

今回の公演に行く以前に、「ポリアモリー」について調べていたときに、わたしの中で引っかかっていたのが、まさに「合意」という言葉でした。もちろんあらゆる恋愛関係において、「合意」は必要なのかもしれないけれど、あまりに相手との「合意」的な関係を強調するあまり、恋愛にともなう(と、通常考えられている)感情的な機微があまり考慮されていないのではないか、と思えたのですね。

続きを読む

わたしとわたしでないものをつなぐ「メディア」――東京学芸大学附属小金井小学校・校内研究授業――

東京学芸大学附属小金井小学校で行われた校内研究授業・研究協議会に参加して参りました。

www.u-gakugei.ac.jp

今回、私が拝見させていただいた国語の研究授業は、校内研究授業の最後の回にあたります。附属小金井小学校では、これまで年7回このような校内研究授業・研究協議会を公開で実施されてきたとのことでした(PDF)

 

今回、教材としてとりあげられたのは、光村図書の小学校国語教科書・1年下巻にとりあげられている『どうぶつの赤ちゃん』(参照:教材別資料一覧 1年 | 小学校 国語 | 光村図書出版

作者は、増井光子(ますい みつこ)さん。「よこはま動物園ズーラシア」開園時から園長を努められ、昨年(2015年)4月に亡くなられた方です。上野動物園に在籍されていた頃には、パンダの繁殖に成功されています。まさに日本の動物園の歴史をつくってこられた方ですね!

 「よこはま動物園ズーラシア」をめぐる増井光子さんの思いについては、こちらの記事(くらしと保険 WEB.05 いのちを守る 増井光子さん)でも読むことができますし、増井さんが、2010年6月にBankARTstudioNYKで行われた講演「生物多様性と私たち­の暮らし」を、現在でもオンライン上で見られます。

 

 

 『どうぶつの赤ちゃん』がこのような教材であることもあり、この教材と動物園をつなげられると楽しいだろうなぁ・・・と思っていたところ、東京学芸大学附属小学校の子どもたちが遠足で多摩動物公園に行っていることがわかり、さらに、授業者の筧先生も、今回の単元に取り組まれるまでの前段階として、子どもたちが動物に関心を持てるようなさまざまな学習活動を展開されてきたことがわかり、今回の授業を拝見するのをとても楽しみにしておりました。 

続きを読む

情緒的なつながりへの過剰な配慮について――アクティブ・ラーニングにおける人間関係――

大学院の演習授業の発表で、ある研修生の方が「協働学習」についての発表をしてくださったことがきっかけとなり、大学院生たちと、高等学校におけるアクティブ・ラーニングについての議論が行われました。

 

「高等学校におけるアクティブ・ラーニング」といえば、昨年12月に東京大学日本教育研究イノベーションセンター(JCERI)によるポータルサイト「マナビラボ」がオープンし、アクティブラーニングに関する初の全国調査とも言われる「高等学校におけるアクティブラーニングの視点に立った参加型授業に関する全国調査」の分析結果が公開されたこともあり、非常にホットなテーマでした。

manabilab.jp

 

授業での議論のなかで話題になったのは、協働学習などを中心とした、アクティブ・ラーニング型授業を導入・実施する際に、教師側も生徒側も、情緒的な人間関係を重視しすぎているのではないか、ということでした。

 

続きを読む

襲いかかる記憶――「クリテリオム92 土屋紳一」作品制作

今年の2月20日から水戸芸術館にて開催される「クリテリオム92 土屋紳一」展の作品制作に協力するため、水戸芸術館まで行ってきました。

 

f:id:kimisteva:20160112104054j:plain

 

フィルム写真全盛期よりデジタル技術を用いた写真作品の制作に取り組んできた土屋紳一。本展では、カセットテープレコーダーを題材に、個々人の記憶を歴史へと接続する作品を紹介します。(水戸芸術館|美術|土屋紳一)

 

わたしにとって、“カセットテープ”というメディアは、常にわたしの半生とともにあったといっても過言ではありません。

高校時代に、演劇部で作品づくりをする際には欠かせない存在でしたし、高校を卒業してからも、その後3年くらいOB劇団をつくって公演を行ったり、高校演劇のお手伝いのようなこともしておりました。当時使っていた、10分サイズのカセットテープは、いまだに残っています。

大学院に入ってからは、インタビューによるライフストーリー調査によって、さまざまな人たちの語りを集め、耳を傾けてるメディアとして、カセットテープを選んできました。当時はまだICレコーダーが高価であったこともありますが、カセットテープレコーダーの気軽さが、なによりも大きな魅力でした。

 

カセットテープとともに、自分の生き方を暗中模索しつづけた時代があまりにも長かったため、調査で使用する機材を、カセットテープレコーダーからICレコーダーへと変えたときには、感慨深いものがありました。

時はながれ、今や、ICレコーダーすら持ち歩かなくても、だれもが気軽に、スマートフォンで、その場で起きている出来事を、録音することができます。

 

そのような中で、「カセットテープレコーダーを題材に、個々人の記憶を歴史へと接続する作品」を製作されるというお話を聞き、「これはぜひ何か協力したい!」と思い、今回の作品製作に協力させていただくことになりました。

続きを読む

動物たちの寒さ対策――埼玉県こども動物自然公園・2016年冬――

今週のお題「年末年始の風景」第2弾です。

2016年新春は、「暖冬」と呼ばれただけあって、なかなか暖かい陽気に恵まれましたよね。4月並の気温であるという話もあったとか・・・寒さに弱いわたしにとっては、とてもありがたいお正月となりました。

 

さて、そんな暖かな陽気に恵まれたとはいえ、冬は冬。

・・・というわけで、不思議なあたたかさをもつ冬の動物園を直撃。

今回は、埼玉県こども動物自然公園を突撃取材!動物たちの寒さ対策をレポートします。



【寒さ対策①:ねころぶ】

まずは、「これは・・・むしろ、寒くないのかな?」と思われるケースのカンガルーさん。
太陽光を熱源として最大限活用した、ひなたぼっこ作戦です。「暖冬」だからこそできるワザですね。よかったよかった。

f:id:kimisteva:20160102152218j:plain

 

【寒さ対策②:うまる】

f:id:kimisteva:20160102150557j:plain

外気温は低くても、木の葉のなかはあたたかい!・・・そんなこともあります。

木の葉の中に埋もれば、外の寒さもしのげちゃう!

f:id:kimisteva:20160102155756j:plain

 

【寒さ対策③:あつまる】

しかし、身の周りに木の葉などがなくて、うもれないときもあります。

そんなときはどうすれば良いのか?

こちらは、そんな時のための裏ワザです。みんなであつまって身を寄せ合えば、みんなの体温をつかってあたためあうことができますね。さすが!

f:id:kimisteva:20160102160126j:plain

 

【寒さ対策④:あびる

そうはいっても、熱源が提供されるのであれば、それに超したことはありません。

お湯があればそこに行き、お湯をあびる!基本です。基本は大事。

f:id:kimisteva:20160102150209j:plain

 

【寒さ対策⑤:つかる】

とはいえ、あたたまるなら、やっぱり温泉が一番だよね♪

・・・ってことで、最後はカピバラ温泉です。

温泉につかってるカピバラって、なんであんなに幸せそうなんでしょうね。

f:id:kimisteva:20160102150305j:plain

初日の出と祈りの風景

2016年になりましたね。皆さま、あけましておめでとうございます。

今週のお題「年末年始の風景」ということで、初日の出の様子をご紹介したいと思います。

「初日の出」というと、水平線の向こう側から日が昇ってきて、水面に太陽光が反射し・・・という写真で表現されることが多いですよね。

たしかに、視覚的に1枚の写真・絵画でみたときには、そのような「絵」が一番わかりやすいだろうとは思うのですが、「初日の出を拝む」といったときに大切な時間は、むしろ、日が昇る前の時間だろうと思うのです。

 

太陽が出てくる前、気温の低いピンとした空気のなかで、日が昇るのを待つその時間。

そこにあらわれる、祈りの風景こそが、美しい。

・・・そんなことを毎年思います。

f:id:kimisteva:20160101071721j:plain

f:id:kimisteva:20160101074119j:plain

 

なぜ、私たちは、初日の出を拝むのでしょうか。

それは、「初日の出とともに年神様が現れる」という信仰があるからなのだそうです。

そう考えてみると、神様のあらわれを待つその時間こそが大切だとかんじる、わたし自身の感覚に、理由が与えられたような気持ちになります。

 

f:id:kimisteva:20160101073451j:plain

明るくなってきたな・・・と思って海のほうに目を向けると、雲のかたちにそって、光のラインができています。とても神秘的。

f:id:kimisteva:20160101074141j:plain

f:id:kimisteva:20160101074419j:plain

 

日が昇りはじめると、それまで波にのっていたサーファーたちも、一斉に水平線の方を向き、手を合わせます。

宗教とかイデオロギーとか、そういうものを超えた大きな力のようなものが、そこにはあるような気がしてきます。

その大きな力のようなものに、かつて生きた人々は「年神様」という名前をつけたのかもしれません。

 

今年も良い年になると良いですね。

皆さまのご健康とご多幸を心よりお祈りしております。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。